愛用

更年期障害の治療に使われるプラセンタ

更年期障害にプラセンタが効く、と話題になっています。
病院で、更年期障害の症状緩和のために、プラセンタが医薬品として使用されるくらいです。
では、プラセンタはどのように更年期障害に効くのでしょうか?

まず更年期障害について理解しましょう。
女性は40代~50代になると、女性ホルモンが減少してきます。
その中でもエストロゲンが減少すると、エストロゲンを作るようにと脳の視床下部が指令を出すのですが、上手く分泌できないために脳の視床下部が疲れてきます。

視床下部では自律神経も管理しているのですが、疲れのために自律神経を上手く操れなくなってしまうんですね。
それで、ほてりやのぼせ、動悸やイライラなど、不愉快な症状が出てくるのです。
その時期を更年期といいます。

さて、プラセンタは、ホルモンバランスと自律神経のバランスを整える作用があります。
特にプラセンタの中でも「メルスモン」というものを注射することで、卵巣がホルモンを分泌する能力をアップさせることができます。
こうして、プラセンタを活用すればホルモン剤を使用しなくても更年期障害を緩和することができるのです。
病院によってはプラセンタを使った治療が保険適用外になっていることもあるので、プラセンタ治療を希望する場合には事前に電話で確認をとっておくと良いでしょう。

このページの先頭へ